家作りの第一歩はココから!

長期優良住宅

長期優良住宅は、2009年6月に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」によって認定された住宅のことをいいます。

 

この法律が施行されたのは、日本の住宅が20年から30年を目途に建て替えるような前提できたという経緯に基づきます。新たな住宅として、なるべく長持ちするような良い家を建て、ときどき手入れをしてさらに長く使えるようにしていこうという発想が生まれてきたわけです。

 

そのため、住宅展示場を訪れる人のなかでも長期優良住宅に関心を持つ人は、本物志向の人であるといえます。

 

長期優良住宅には、税制優遇などの公的なメリットがあります。しかし、そのためには、国が定めた認定基準を満たしていなければなりません。認定を受けるためには、最低30年間の維持保存計画の内容と資金計画を含めた計画書を、建物の着工前に申請して、これに通る必要があります。

 

具体的には、鉄筋コンクリートでは、セメントに対する水の比率を低減したりして劣化対策がされていたり、大規模地震力に対する変形を一定以下に抑制する措置を講じているなど耐震対策がされていることが必要とされています。

 

ただし、この長期優良住宅の認定は任意のものであるため、必ずしも必要とはされていません。認定の申請費用がかかり、認定基準を満たすためには一般の住宅よりも割高になってしまいます。

 

長期優良住宅に興味のある人は、住宅展示場で認定基準や認定申請の方法なども学べるので、あらかじめ質問事項などをまとめ、メモなどの用意をして出かけるといいでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市