家作りの第一歩はココから!

高齢者向け住宅

高齢化社会の影響を受けて、住宅にも高齢者向けの住宅がたくさん登場しています。住宅展示場においても、高齢者向け住宅は注目を集めています。

 

高齢者住宅の特徴となっているのは、高齢者が日常生活を送るうえで、その動作の妨げとなるような部分が排してあるということです。

 

すなわち、移動を困難にしてしまう段差や開きにくいような重いドアなどを避けて設計されているということです。また、寝室とトイレ、浴室が近いといったことなどの設計の際に考えられています。

 

ほかにも、事故につながるような設計も排されている必要もあります。転倒のおそれがある、滑りやすい廊下や部屋の温度差などにも気が配られていなければならないのです。

 

そして、動作の補助となるようなものを設置することも大切です。階段や浴室の手すりの設置は、高齢者向け住宅では避けては通れないものになっています。

 

住宅展示場のモデルハウスでは、ほかに、洗面台が椅子に座って使用するようになっているか、またぎやすい高さの浴槽になっているか、腰掛けは設置されているかなども確認してみるといいでしょう。

 

高齢者向け住宅では、現在の高齢者の状況だけでなく、将来的なことまでも考えて設計したり、設備を導入したりすることも大切です。

 

ただし、いろいろな設備を充実するとなると、コストの問題も避けて通ることはできません。設備の貸し出しや高齢者向け住宅への改造の助成金などがあるので、これらを利用することも考えていいでしょう。

 

さらには、高齢者向けの機能だけでなく、高齢者のプライバシーや家族間のコミュニケーションなども考えて家づくりプランを練ることも大切です。

 

高齢者が生活しやすい住宅であるかは、実際に高齢者に自分で体験してもらったほうがいちばんわかりやすい方法といえます。高齢者向け住宅を目当てに住宅展示場を訪れるときは、高齢者と一緒に訪れるようにしたほうがいいでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市