家作りの第一歩はココから!

SI住宅

SI住宅という言葉を耳にしますが、これは物理的に、そして社会的に長い使用に耐えられる住宅という意味です。

 

「S」はスケルトン、「I」はインフィルの頭文字で、スケルトンは骨組みや骨格という意味、インフィルは建物のなかの内装や間仕切りのつくりという意味です。

 

これらのことから、SI住宅というのは、耐久性の高い骨組みを持ち、ライフスタイルに合わせて間仕切りなどを柔軟に変更できる住宅、つまり住む人の生活に合わせられる長寿命の住宅ということになります。

 

住む人の生活に合わせられる住宅というのは、リフォームしやすい住宅という意味もあります。つまりインフィルを柔軟に変更でき、家族構成の変化などにも合わせられるということです。

 

住宅展示場でSI住宅を見る場合は、今後十年先なども見据えて、そのときの家族構成や生活スタイルなどを考えて、参考とすべきです。

 

たとえば、現在中学生の女の子がいても、十年後は家を出ていることが考えられます。その部屋をどのように使用するかという問題が出てきます。また、二階で暮らしていた母親は、その頃には移動に便利な一階の和室に住みたいと思うかもしれません。そして、リフォームしてバリアフリーを採り入れることも考えられるわけです。

 

そのような場合、柔軟に対応できるのがSI住宅ということです。SI住宅は、100年以上の耐久性を持つような高強度の構造が必要とされます。構造の強度を追求するには、さまざまな実験が行われます。そこで、見た目だけでなく、さまざまなデータも参考にするといいでしょう。

 

また、将来どうしても必要になるのがメンテナンスです。現在の担当者が、そのまま長い間在籍してくれているとも限らないので、ハウスメーカーのほうで、継続してアフターケアができる体制がとられているのかもチェックしておくといいでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市