家作りの第一歩はココから!

バリアフリー

高齢者向けの住宅ばかりでなく、障害者の生活する住宅もまた、バリアフリーが採り入れられた住宅でなければなりません。

 

バリアフリーの住宅では、障害物をなるべくなくしたり、移動の手助けとなる手すりをつけたりします。

 

まず、フロアについては、段差をなくして移動がスムーズになるようにしなければなりません。また、通路が狭くなっていても移動が困難になるため、十分なスペースがとられていなければなりません。さらに、階段などにも手すりをつけ、上り下りの補助となるようにします。

 

そのなかで、いちばんバリアフリーへの対応が望まれるのが、浴室やトイレといったところです。たとえば、浴室では入口の段差をなくしたり、湯船があまり高くならないような工夫が必要です。トイレも手すりをつけて、無理な体勢をとるための手助けとなるようにします。

 

こういったバリアフリーの導入については、行政の優遇制度が設けられています。つまり、バリアフリーの基準をクリアした住宅については、融資においての優遇があり、割増融資が認められているのです。ほかにも、さまざまな融資があるので、調べてみるといいでしょう。

 

住宅に採り入れるバリアフリーについては、それぞれ個々のケースで違いがあります。例えば、高齢者の場合、それぞれの身長差などもあり、手すりをつける位置についても差が生じてくるのです。

 

そのため、住宅展示場にバリアフリー住宅のモデルハウスがあっても、参考程度と考えるほうがよいでしょう。そして、自分の住宅ではどのような形で採り入れていけばよいかを考えるためには、現地へと高齢者も一緒に連れてきて、それぞれのケースでシミュレーションを行ってみることをお勧めします。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市