家作りの第一歩はココから!

ツー・バイ・フォー

現在、日本の住宅は、さまざまな建て方で建てられています。家を建てようとする人にはたくさんの選択肢があるわけですが、その内容についての知識がないと、いろいろ迷うことになってしまいます。

 

そこで、住宅展示場でモデルハウスを見るときは、その構造や工法を知っていると、自ずと理解のし方も異なってきます。自分の家に対する考えも明確になって、住宅展示場を訪れる際も、活きた情報が得られるはずです。

 

現在の住宅工法で大きな割合を占めているのが、ツー・バイ・フォー工法と呼ばれるものです。この工法は、正式には枠組壁工法というのもで、そもそも北米の家づくりで伝統工法とされていたものです。

 

ツー・バイ・フォーという呼び名は、使用する木材の断面が2インチ×4インチを基本としているためです。簡単にいうと、ツー・バイ・フォー工法は、枠となる木材と合板などを組み合わせた壁で建物を支えていく工法といえます。

 

そして、壁という面により建物を支えるため、地震などの揺れにも強いということができます。そして、壁によって、すなわち面によって分散して建物を支えるので、耐震構造の建て方とされています。一方、日本家屋のように柱によって集中して建物を支える木造軸組工法は、免震構造の建て方とされています。

 

ツー・バイ・フォー工法では、筋交いを使用せず、断熱材をそのまま隙間なく使うため、高い断熱効果も上げることができます。ほかにも、遮音性や気密性などについても、優れた工法であるとされています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市